グラビアアイドル尾崎ナナ ヘアヌード掲載で解雇

印刷

   グラビアアイドルの尾崎ナナさん(25)が、過去に撮影した過激なグラビアが写真週刊誌に載ったのを理由に所属事務所から除名され、ネットで話題になっている。一方、ナナさんを番組に出演させているテレビ局や制作会社では、グラビア自体はお咎めなしとしており、対応の違いが浮き彫りになった。

「給与明細」出演のナナさんがDVDに

グラビアアイドルの尾崎ナナさんのブログ
グラビアアイドルの尾崎ナナさんのブログ

   尾崎ナナさんは現在、テレビ東京系の深夜番組「給与明細」に出演中。そこで、ナナさんは、怪しげなモデルのアルバイトなどを体験するアシスタントの潜入調査員をしており、番組も人気が出ている。ところが、2007年11月27日発売のフラッシュに、ナナさんがかつて別名で撮影していたヘアヌードなどの写真が掲載され、所属事務所のアーティストボックスから除名になってしまった。

   事務所では11月28日、ホームページ上でこの経緯を説明。「尾崎本人も含め今後の対応に関する協議を重ねましたが、こういったものが世に出た以上、弊社で芸能活動を継続することは困難と判断し、本人との話し合いの末、昨日をもって尾崎ナナを所属から除名いたしました」としている。

   J-CASTニュースが11月29日に事務所に取材すると、除名とは事実上の解雇処分だという。事務所のマネージャーは、「応援してくれたファンを裏切るものだと考えています。業界の基準というものはないと思いますが、弊社として芸能活動をさせるのは難しいと判断したということです」と話した。

   フラッシュの記事によると、編集部に「相本あきこIII」という作品名の新作ヌードDVDが送られてきて、調べていくと、「相本あきこ」は、ナナさんと同一人物と分かった。記事によると、ナナさんは、無名時代にこの芸名で、ギリギリの露出で撮影する「着エロ」のDVDを3本出していた。が、今回、2004年末に撮影した映像の無修正版が07年12月10日になって発売されることになった。

   なぜ、今になって無修正版が出たのか。J-CASTニュースでは、撮影者や販売元に聞こうとした。が、撮影者の事務所は、「担当者が今いないので、分からない」と繰り返すのみ。発売元の方は、アマゾンで調べると「ビデオメーカー」とだけ表記してあり、具体名が出ていなかった。あるDVD販売会社に聞くと、「この手のDVDは、発売元をあえて隠していることが多い」とのことだった。ちなみに、フラッシュのヘアヌードは、撮影者のクレジットが書かれていることから、その提供を受けたらしい。

年収400万円アップ 転職を成功させる方法

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘するヘッドハンターは実在する。では、彼らにどうやってアクセスす...続きを読む

PR 2015/04/02

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
014
匿名 2008/1/ 7 20:30

タレントのイメージを重視したのでは?

「ヘアヌード」は想定外ということかも・・

013
・・ 2007/12/ 6 13:11

そりゃ、テレビでチンコ出して騒いでいるキチガイ芸人がもてはやされる時代だからな。
このくらい許容範囲だろ。

012
匿名 2007/12/ 5 23:02

所属事務所自体無名の弱小だから、事態が大きくなると、どうしていいのか分からないんだろうな・・・

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

20〜40代の独身男性2000人アンケートでわかった真実とは?

メディアの成長支える「企画営業部」で即戦力となるスタッフを募集しています。

夏に向け気温も上昇傾向。ライダーがとるべき対策は?

mirai

お知らせ