ミシュラン「訂正なし」で重版 再度完売の「狂想曲」が続く?

印刷

   「ミシュランガイド」東京版の第2版が2007年12月13日ごろから店頭に並ぶ。初版ではわずか4日間で日本語版12万部がほぼ完売するほどの盛況ぶりで、都内の書店にはほぼ存在が認められない状態。世界最高権威の「ミシュランガイド」が下した評価には、疑問も相次いでいるが、誤字・脱字の指摘も少なくない。しかし、第2版は「訂正」されることがないまま書店に並び、それでもなお、あの「狂想曲」がまた続きそうなのだ。

店舗名の誤字に加え、地図で「中野区」の表記が抜け落ちる

「ミシュランガイド」2版でも「狂想曲」つづく?
「ミシュランガイド」2版でも「狂想曲」つづく?

   「ミシュランガイド東京2008」の概要が2007年11月19日に発表されてから1ヶ月ほど。ミシュラン社の発表によれば、07年11月22日の発売から4日間で日本語版の初版12万部がほぼ完売状態になった。発売前にすでにオンライン書店での予約分が完売したこともあって、22日の発売初日には9万部が売れていた。ミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏は発表のなかで、「発売初日に9万部も売れたのは、ミシュランガイド108年の歴史においても初めてのことです」と述べている。

   異常なほどの「ミシュランガイド狂想曲」は、東京都内の書店から「ミシュランガイド」初版の姿が消えてしまうほど過熱。ミシュラン社は07年11月27日に、重版を決定し、12月13日頃に書店で販売すると発表した。

   ネット上でも、「ミシュラン旋風」はすさまじい。アマゾンのベストセラーランキングでも一時は首位に浮上し、07年12月10日現在でも総合3位の高位置をキープ。ヤフーオークションでも、50点以上の出品があり、定価2200円(税抜)以上の入札が相次いでいる。さらに、箱入り・ミシュランガイドの小冊子つきで限定3500冊の「ラグジュアリーバージョン」(税抜5200円)なるものも「レア商品」として相次いで出品されている。東京が「美食の都」なのかはともかく、世界最高権威「ミシュランガイド」が商業的には「大成功」を治めたのは確かなようだ。

   しかし、国内での「ミシュランガイド」の「格付け」となると欧州などで「世界最高」とされたその「権威」はガタ落ち。アマゾンのレビューでは、

「およそ編集されたと思えないテキスト.美しいとは言い難い写真.何の工夫も施されていない,わかりにくい地図.」
「和食の採点には???というものも少なくなかった」

という批判や疑問の声もあり、5段階中「3.5」の評価。さらに誤植や店舗名の表記ミスや地図で「中野区」の表記が抜け落ちる、英語版で「三田牛」を「sanada beef」と誤記するなど、「書籍」としての「欠陥」が相次いで指摘されている。

誤りには「対応せず」、ホームページ上に「正誤表」

   ミシュランガイド広報事務局はJ-CASTニュースに対し、

「第2版について変更は特にない。店舗名などいくつかの指摘を頂いたが対応していない。対応できなかったと言うより、正確にいえば対応しなかった」

と話す。同事務局によれば、ミシュラン社ホームページ上に「正誤表」に掲載する準備をしており、「(誤記などについては)そちらをご覧いただきたい」ということだ。

   さて、「訂正なし」の「ミシュランガイド」第2版だが、ミシュランガイド広報事務局は初版の売り上げについて「予想を超えていた」と述べるものの、第2版の発行部数については「13日頃に発表するのでそれまでお待ちいただきたい」と明らかにしない。しかし、J-CASTニュースが都内の大手書店に問い合わせると、「即日完売の可能性がある」「予想ができない」との答えが相次いで返ってきた。なかには、発売数日前にもかかわらず、売り上げの予想がつかないことから予約・取置きを一切受けつけない店舗まである。どうやら各店舗は第2の「ミシュラン狂想曲」に戦々恐々としているようだ。

   ちなみに、「ミシュランガイド東京」2009年版については、すでに覆面調査員が都内のレストランの調査をすでに始めているようだ。ミシュランでは、エリアの拡大や「無星店舗」を掲載することも検討しており、来年の「ミシュランガイド東京」は、体裁がガラリと変わる可能性もありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中