BD レコーダー売り切れ状態 年末商戦に「大異変」

印刷

   年末商戦に突入し、早くもブルーレイディスク(BD)レコーダーの品切れが家電量販店などで相次いでいる。販売シェアでは現在のところ、HD DVD陣営を圧倒しているBD陣営。一見すればBDの「絶好調」だが、「好調すぎ」による「品切れ」現象で、年末商戦以後のシェアの構図がイマイチ不明瞭になってきている。

「在庫はないんです」「次の入荷はちゃんと決まってない」

次世代DVDレコーダー市場の急成長でシェア争いが過熱してきた
次世代DVDレコーダー市場の急成長でシェア争いが過熱してきた

   「在庫はないんです」「次の入荷はちゃんと決まってないんで・・・1月中旬から下旬くらいと聞いているんですが・・・」――都内の家電量販店でBDレコーダーの在庫を尋ねたところこんな答えが相次いで返ってきた。今、家電量販店でBDレコーダーの品切れがどうやら相次いでいるようなのだ。

   2007年12月14日の日経産業新聞が実施した調査によれば、都内の旗艦店、福岡市の大手家電量販店では、松下電器産業製のBDレコーダーがほぼ「品切れ」状態、ソニー製のBDレコーダーも「品薄」な状態だった(07年12月10日調査)。

   家電量販店・ビックカメラのインターネット通販サイト「ビックカメラドットコム」でもソニー・松下製のBDレコーダーの9機種中在庫があるのはわずかに2機種で、いずれも「数量限定」の販売だ。「ヨドバシドットコム」では7機種のうち6機種の在庫がない状態だ。

   調査会社BCNの2007年12月5日の発表によれば、07年10月~11月を合算した、次世代DVDレコーダーのメーカ別の販売台数シェアは、ソニー57.1%、松下電器32.3%、シャープ8.7%、東芝2.0%だった。ソニー、松下、シャープのBD陣営と東芝のHD DVD陣営で比較すると「98対2」とBD陣営が圧倒している構図だ。

   ソニーは、BDレコーダー4機種を07年11月8日に発売。ハイビジョン録画を強化した機種、高画質・高音質再現を強化した機種など、バリーエーションを増やしたほか、価格も11~18万円程度と10万円台に押さえた。

   さらに、松下電器は11月1日に価格は14~27万円前後のBDレコーダー3機種を投入。ともに年末商戦に合わせた新商品投入だが、出遅れたのがシャープと東芝だ。

   シャープは2度にわたってBDレコーダー2機種の発売日を延期し、結局発売日は12月22日になった。一方、HD DVD陣営の東芝は12月14日に新商品を発売した。東芝のHD DVDレコーダーの価格は12万円前後だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中