「ゴルゴ13」初のテレビアニメ化 連載開始40周年の区切り

印刷

   人気劇画「ゴルゴ13」が08年春からテレビアニメ化されることになった。これまで実写映画化や劇場アニメ化されたことがあったが、テレビアニメ化されるのは初めて。

   「ゴルゴ13」は、小学館の漫画雑誌「ビッグコミック」1969年1月号から連載開始。07年12月現在も連載が続いていて、単行本は147巻(リイド社から発行)にものぼる。主人公は超一流のスナイパー(狙撃手)で、自称「デューク東郷」と名乗る「ゴルゴ13」。多額の報酬を受け取ることを条件に狙撃依頼を請け負うが、その依頼が「真実」に基づいたものでなければならない。依頼内容に違反があった場合には、依頼人に対する制裁を行う、といったハードボイルドな内容だ。

詳細は08年2月25日号に掲載される

「ビッグコミック」最新号にアニメ化の告知が掲載されている
「ビッグコミック」最新号にアニメ化の告知が掲載されている

   「ビッグコミック」08年1月10日号には、テレビアニメ化決定の告知が1ページを使ってカラーで載っているが、放送局や放送の時間帯などは書かれていない。詳細は08年2月25日発売号(08年5号)に掲載される予定だが、「ビッグコミック」編集部はJ-CASTニュースの取材に対し、

「08年は連載が始まって40周年という区切りもありアニメ化が決まった。制作側は一丸となって初のテレビアニメ化に取り組んでいます」

と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中