カラオケボックス、29%が消防法違反

印刷

   総務省消防庁は2008年1月22日、カラオケボックスの防火対策に関する調査結果を発表した。調査は約6200施設を対象として行われ、防火管理者を置かないなど消防法に違反していた施設は07年12月時点で全体の約29%だった。調査は、07年1月に8人が死傷したカラオケボックス火災を受けて実施されており、今回が3回目。違反率は07年2月が70.3%、4月が44.5%と減少傾向だが、消防庁では引き続き是正を求めていくという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中