スザンヌ流「ふとまき」は一口サイズに9分割

印刷

   節分だった2月3日、タレントのスザンヌはブログで写真とともに自分と知人たちで作った料理を披露した。「(略)と今日は節分だから、ふとまきも☆」と説明されている。太巻き寿司をその年ごとに異なる「恵方」の方角を向きながら(無言で)「まるかじり」して食べる「恵方巻」をイメージしたものと見られる。が、写真に掲載されたスザンヌの「ふとまき」は一口サイズに9分割されていた。ちなみに元「モーニング娘。」石黒彩のブログ(同3日)には、3本の「切られる前」の太巻き寿司の写真が載っていた。もっとも、スザンヌは「ぜーんぶ美味しく上手に出来たの」とご機嫌の様子だった。

   長い太巻きを「まるかじり」する、しないは勿論当人たちの自由だ。スザンヌが「自由」を選んだのか、単に「まるかじり」を知らなかったのか、は定かではない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中