中国製ギョーザから新たな殺虫剤検出 日本生協連

印刷

   日本生活協同組合連合会は2008年2月5日、殺虫剤「メタミドホス」の成分が検出された中国製の冷凍ギョーザと同じ種類の製品から、新たに有機リン系の殺虫剤「ジクロルボス」の成分が検出されたと発表した。
   新たに「ジクロルボス」が検出されたのは、日本生協連がすでに回収を進めていた「CO・OP手作り餃子40個入り(560g)」。中毒を起こした商品が07年10月20日製造だったのに対し、今回の商品は07年6月3日製造のものだった。
   同連合会によれば、07年11月10日、福島県喜多方市に本部を置くコープあいづの「コープバリューぷらざ店」で同店従業員が自家用に1袋を購入したが、「オイルのような臭いがきつくて食べられない」と苦情を伝え、コープあいづは該当商品を全店から回収した。改めて検査をしたところ、08年2月5日、ギョーザの皮に110ppm、具に0.42ppmの「ジクロルボス」が検出されたことがわかったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中