「○○のくせに」で炎上の女子東大生 ブログ「復活」と「さよなら」

印刷

   インドで研修中、インドの子供への差別的な発言をブログに掲載して「炎上した」東大生、高島美紀子さん(22)が2008年2月4日夜、炎上・閉鎖したブログとは別のブログ「高島美紀子のミスキャン日記」でかつての差別的発言について謝罪した。「ミスキャン日記」も07年12月18日以来、久々の更新だった。

   「私が約3ケ月前に書いた(編集部注:別の)ブログにおいて不適切な表現があり、多くの方を傷つけ不快な思いをさせてしまったことを深く反省し、お詫び申し上げたいと思います」「このような発言をインターネット上で公表していたことをインドの人々に謝りたい気持ちでいっぱいです」などとしている。

   約2カ月ぶりの更新だった。しかし、謝罪に先立ち、立春の話題に触れ、同ブログについて「卒業することにしました」と唐突に報告した。同ブログは06年6月から続けていた。ブログ冒頭の自己紹介欄には「東京大学経済学部経済学科3年」とある。

   問題のブログ「あふじゃで研修中」(07年11月11日)の内容は、半分残したコロッケをインドの子どもに渡そうとしたところ拒否されたとして「せっかく恵んでやろうと思ったのに」「こじきのくせに」とするものだった。

   問題のブログのコメント欄へ批判が殺到したほか、「2ちゃんねる」などでも厳しい意見が集中し、ブログは閉鎖された。

   ちなみに「ミスキャン日記」とブログ名にあるが、高島さんはミス東大でも「準ミス」でもない。いくつかの大学のミスキャンパスたちも参加する「ミスキャンブログ」という企画の内のひとつのブログという位置付けだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中