長谷川洋三の産業ウォッチ
改革のスピード:英国大使が語る日本低成長の理由

印刷

「30年前の精神で私たちを驚かせたらよいと思う」

   グレアム・フライ駐日英国大使は2008年2月12日、東京都千代田区で開いた経済人ら有識者との懇談会で、長期にわたる経済成長を続ける模範国・英国から長期の景気低迷にあえぐ日本に対するメッセージを尋ねた私にこう答えた。

   フライ大使は1974年から75年にかけ鎌倉の英国大使館の語学研修所で日本語のトレーニングを受けた後、75年から79年まで2等書記官として英国大使館に勤務した。その後89年から93年まで政治参事官として、3度目の赴任となった2004年からは駐日英国大使として活躍している。

「30年前に見た日本は奇跡の経済成長を遂げ、その成功に非常に驚いた。通産省は強力で、われわれもどうすれば強い経済をつくれるのか学んだ。しかし現在の日本は成長率も低く、外に対しても防御的になっている。日本は安全で平和なよいところもあるが、30年前の精神でもう少し元気をつけ、私たちを再び驚かせて欲しい」

   英国が元気になった理由のひとつは外資政策。1986年からの金融ビッグバンで証券取引所が外資に開放され、世界中から投資マネーが集まる国際金融センターとしての地位が確立。1人あたりGDP(国内総生産)は日本の3万ドルを抜いて3万2860ドルと米国に続く第2位に躍進、外国為替取引の世界シェアは34%に達した。英国ポンドの交換レートは1英ポンド=2米ドルと、米ドル、ユーロに次ぐ、強い通貨になっている。英国のGDPに占める金融業の比率は2006年で9.4%となり、製造業は同13%に縮小したが、金融サービス業が納める法人税は英国の法人税全体の4分の1を占めるまで拡大した。

   「やはり改革のスピードが遅い」――。東京・一番町の英国大使館から30年間日本を見続けた日本ウォッチャーのフライさんの口からは、洞爺湖サミットを前につい本音が出たが、改革のスピードが遅いのが日本の体質だとすると、経済回復のスピードが遅いのも当然かもしれない。


【長谷川洋三プロフィール】
経済ジャーナリスト。
BSジャパン解説委員。
1943年東京生まれ。元日本経済新聞社編集委員、帝京大学教授、学習院大学非常勤講師。テレビ東京「ミームの冒険」、BSジャパンテレビ「直撃!トップの決断」、ラジオ日経「夢企業探訪」「ウォッチ・ザ・カンパニー」のメインキャスターを務める。企業経営者に多くの知己があり、企業分析と人物評には特に定評がある。著書に「クリーンカー・ウォーズ」(中央公論新社)「ウェルチの哲学「日本復活」」、「カルロス・ゴーンが語る「5つの革命」」(いずれも講談社+α文庫)、「レクサス トヨタの挑戦」(日本経済新聞社)、「ゴーンさんの下で働きたいですか 」(日経ビジネス人文庫)など多数。


ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中