東海大が「ル・マン」参戦 大学で初

印刷

   東海大学は2008年2月20日、6月に開催される「第76回ル・マン24時間レース」に参戦することが決まったと発表した。同大はエントリー申請を行い、08年2月19日(日本時間)に主催者のフランス西部自動車クラブ(ACO)からエントリーリストが発表された。
   「ル・マン」は世界最高峰のカーレースで、同レースの歴史で大学のチームが走行するのは初めてという。カーナンバーは22番で、日本のチームは同大のほかに2チームが出走する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中