「私が女になった日」 宇多田ヒカルの思わせぶりタイトル

印刷

   歌手宇多田ヒカルさんが、女性の爪切り問題についてブログで触れている。2008年2月20日夜の更新だ。

   「生まれて初めて」ネイルサロンへ行った宇多田さんに、店員が驚きの声を上げる。「えええ! つめきり使ってるんですか? おっさんじゃないんだから!(笑)」。宇多田さんは「つめきり使うのは男くらいなんだってよ」「ほんとか? ほんとうにそうなのか?」「私は25年間ずっと爪切りしか使ってないぞ」「それは女としておかしいのか?」と疑問を呈している。

   もともと宇多田さんがネイルサロンにデビューしたのは、テレビなどの撮影で爪が痛んできたからだそうだ。爪が「割れたり」「はがれちゃったり」したところ、「メイクさん」から「ジェル」を使うと爪の保護とお洒落にもよいと勧められたようだ。そこで「おともらち」(お友達)の女優深田恭子さんからネイルサロンを紹介してもらい「勇気をふりしぼって」挑戦したそうだ。

   宇多田さんは「ずっとピアノとかギターとかやってたから」と、爪の手入れに気を配っていなかった理由を説明した。その上で「ジェル」に感心し、「なんたる救世主!」と褒め称えている。

   いずれにせよ、「爪切りオンリー」生活から脱してネイルサロンデビューを果たした宇多田さん。この日のブログの題は「私が女になった日」だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中