信用金庫で銀行振り込み74万件が未処理 26日に復旧

印刷

   全国の信用金庫から銀行や信用組合宛てなどの為替データを中継する「全国信用金庫データ通信システム」に、2008年2月25日午前8時半ごろ障害が起こり、同日夕方までに約74万件の取引が未処理になった。全国の信用金庫の中央機関である信金中央金庫が発表した。
   システムは信金中金の委託により「しんきん情報システムセンター」(SSC)が運営・管理している。2月26日10時30分には未処理分の取引をすべて完了したほか、「システムは復旧しており、正常の状態に戻っています」(SSC)としている。信金同士や、銀行などから信金への振り込みについては、正常どおりに処理されていた。
   トラブルの原因について、SSCは「為替のソフトウエアに不具合が起こり、74万件について滞留してしまった状態になりました。詳細はいまも調査中です」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中