毒ギョーザ事件「日本人の仕業」 中国のネットで非難大合唱

印刷

   中国製毒ギョーザ事件は、中国当局が日本での混入を示唆したことで、中国のネットで「日本人の仕業」と非難の大合唱が起きている。取材で違法行為をした共同通信記者まで、犯人に祭り上げられる始末だ。しかし、中国側が根拠とした「農薬通す袋」の主張に、関係者から疑問の声が上がっている。

共同通信記者を犯人に祭り上げ

日本人非難があふれる「勝訊ポータルサイト」の掲示板
日本人非難があふれる「勝訊ポータルサイト」の掲示板

   これまで協力的に見えた日中捜査当局の間に、突然亀裂が入った。中国当局が2008年2月28日、会見して農薬のメタミドホスが「中国内で混入された可能性は極めて低い」との一方的な見解を発表したからだ。そして、日本から現場や証拠品を見せるのを拒否されたとして、遺憾の意も示した。

   これに対し、警察庁の吉村博人長官が、会見で直ちに「看過できない。役立つ資料はすべて渡しており、遺憾と言われるのは理解できない」と不快感を表明。これによって、捜査の長期化、場合によっては頓挫さえ予想されるほどの事態になった。

   さらに、まるで発表に合わせたかのように、中国側は、共同通信記者の一時拘束を明らかにした。検問で、この記者が08年2月15日、所持、運搬などが禁じられているメタミドホスの瓶を車の後部座席に置いていたのが見つかったというのだ。共同通信によると、販売禁止のメタミドホスが入手可能かどうかを検証するために、製造元「天洋食品」の工場がある河北省内で購入したという。

   ところが、日本での混入を示唆した発表と同時になり、中国の一部ネットニュースは、事件の犯人が捕まったかのように報じた。例えば、大手ポータルサイトの「捜狐ネット」では、「毒が入れられたのは日本国内 日本人記者が取り調べを受ける」との見出しの記事が流された。その中でも、共同の記者が農薬を日本へ持ち出そうとしたかのような誤解を与える表現があった。

   ネットの掲示板には、日本非難があふれた。「勝訊ポータルサイト」の掲示板には、「日本のスパイは、悪いことをして、中国人のせいにする」「日本は、責任を取って、きちんと中国人に謝りなさい」「9.18事変を思い出しました」などと過激な書き込みが見られた。

農薬は袋に浸透するという独自の実験結果を示す

   中国側は、いくつかの理由を挙げて、日本での混入を示唆した。まず、天洋食品の従業員55人を調べたが、疑わしい人物がいなかったということを挙げた。さらに、日本側の捜査に対して、真っ向からぶつけてきたのがギョーザの袋についてだ。

   新聞各紙によると、日本では、これまでの日中合同の情報交換会議で、袋の外側から内側へは農薬は浸透しないという実験結果を中国側に渡していた。袋は密封されていたことから、日本での混入の可能性は極めて低いことを示すためだ。ところが、中国側は28日の会見で、農薬は袋に浸透するという独自の実験結果を示したのだ。それによると、実験は、ギョーザの冷蔵温度となるマイナス18度の条件下で行われ、1~60%の濃度の異なるメタミドホスに袋を浸したところ、いずれも10時間以内に袋の内側に浸透したという。

   これに対して、日本のメディアからは、実験結果の数値が示されていない、浸透しても高濃度になるのか、などの指摘が出された。加えて、疑問なのが、そもそも農薬を通すような袋が食品包装用に使われるのかどうか、ということだ。

   厚生労働省の基準審査課によると、袋から溶ける物質や圧力・強度については基準があるものの、農薬や洗剤などの液体が袋に浸透するかどうかについての基準はないという。とはいえ、同課の担当者は、

「液体の浸透についてはまったく想定外ですが、農薬を通すような袋では困るというのは、その通りだと思います」

と指摘した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中