「バストが大きく侵入できなかった」 俳優に逆転無罪判決

印刷

   知人男性のマンションに入ろうと玄関ドアを壊したとして、器物損壊罪に問われた俳優の小桜セレナ被告(38)の控訴審判決が2008年3月3日、東京高裁であった。原田国男裁判長は、「女優の胸囲は壊したドアの穴より大きく、穴をくぐり抜けたとする目撃者の証言は信用できない」として、懲役1年2月、執行猶予3年とした1審の東京地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。
   1審判決は、この俳優が壊したドアの縦72センチ、横二十数センチの穴をくぐったとする知人男性らの目撃証言を認定した。しかし、弁護側は控訴審で、胸囲101センチの俳優では不可能と主張し、同高裁が、ドアの模型を使って通れるかどうか実験したところ、俳優は穴を通り抜けられなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中