「ホームレス中学生」200万部突破 映画化で「300万部」を期待

印刷

   お笑いコンビ「麒麟(きりん)」の田村裕さん(28)が中学生時代の耐乏生活を中心に綴った自叙伝「ホームレス中学生」(ワニブックス)の発行部数が2008年3月12日、200万部を突破した。

   同社広報担当者によると、3月12日に5万部増刷し、記録を達成した。3月19日にも7万部を増刷する。年末年始のテレビ番組などで著者の田村さんが積極的に「貧乏トーク」を披露し、今回の増刷につながったのではないか、としている。映画やドラマ化も検討されていて、次の目標に300万部を掲げている。

   300万部を超える大ベストセラーはそう例はない。最近では『バカの壁』(新潮社新書)が累計426万部に達している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中