「ブログ王子」の呼び声高い上地雄輔 「みにくいアヒルの子」なのか

印刷

   クイズ番組でのおバカキャラで人気のタレント上地(かみじ)雄輔さん(28)が、自らを童話の「みにくいアヒルの子」になぞらえた。

   上地さんは2008年2月、「ブログ・オブ・ザ・イヤー2007」(アメーバ)の特別賞を受賞するなど、ブログの方でも人気上昇中だ。オリコンは、3月13日配信の記事で「現在"ブログ王子"としても注目される」と紹介した。

   そんな上地さん、3月10日のブログで「うちの家族はオイラ以外みんな本当に知的です」と打ち明けた。「親、兄弟、親戚みんなみんな」なのだそうだ。いとこが東大に合格したというメールが「さっき」届いたことも報告して、「こんなんばっか」。

   「同じ血が流れてるのに」「なぜオイラだけ?」と、自身のおバカキャラについて疑問を投げかけた。

   しかし、「オイラしかできねー事をどんどんやったるでーぃ!!」と自らを鼓舞し、元気を見せた。そして「みにくいアヒルの子はねぇ」「その後にねぇ」と前フリし、「白鳥になんだよ♪」「キラーン」と、高らかに「白鳥になる宣言」をした。

   「将来の白鳥」は、「ブログ王子」の座では満足できないようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中