きっこ、アマゾン「ほしい物リスト」騒動での「実名発覚」を否定

印刷

   「耐震偽装問題」で「特ダネ」を連発したこともある人気ブログ「きっこの日記」の作者・きっこさんが2008年3月13日、アマゾンの「ほしい物リスト」騒動で実名が発覚したとする説を完全否定した。

   SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「ミクシィ(mixi)」内のきっこさんのコミュニティのなかで、きっこさんは、

「今回の公開アドレスで登録してある名前は、あたしも読者からのメールで確認しましたが、あたしの本名とは違います。確か、2~3年前にネット上で流された名前と同じようですが、あたしの本名をこの名前にしたい誰かが、あたしの公開アドレスを使って登録したのでしょう」

と書き込んでいる。

   アマゾンの「ほしい物リスト」(「ウィッシュリスト」から名称を変更)は、欲しい商品を登録して友人などに知らせるサービス。名前あるいはEメールアドレスを打ち込むと、その人が「ほしい物リスト」に何を加えているかがわかるようになっていた。

   インターネット上では、きっこさんのメールアドレスを打ち込んだところ、名前が表示されたため、長いあいだベールに包まれていたきっこさんの実名が発覚したとの情報が流れていた。しかし、きっこさんは、アマゾンは利用しているが「ほしい物リスト」は非公開にしており、誰かがブログのアドレスを勝手に使用してアカウント登録した「いやがらせ」行為としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中