「ネットスター」紹介する NHK番組がレギュラー化

印刷

   ネット上の話題を紹介して話題を呼んだNHKの番組が、レギュラー化されることになった。2007年秋に放送された「パイロット版」では、「IT戦士」としても知られるITmediaの岡田有花記者も登場、紹介される内容も一般のネットユーザーでは知らなさそうな「ディープ」なものだっただけに、ネット上では「NHK始まりすぎー」などと期待が高まっている。

   話題を集めているのは「ザ☆ネットスター!」と呼ばれる番組で、07年11月に、NHKの衛星第2放送(BS2)で約40分にわたって放送された。BSでは「玄人向け」の番組が多いとも言われるが、それを差し引いたとしても「濃い」番組なのだ。

初回放送は「初音ミク」特集

番組の「パイロット版」では「一人で情熱大陸をセッションする」人気動画が紹介された
番組の「パイロット版」では「一人で情熱大陸をセッションする」人気動画が紹介された

   番組内では、動画投稿サイトで人気の動画をいくつか紹介。その中のひとつが、1ヶ月で50万回再生されたという「ひとり情熱大陸」で、テレビ番組のテーマ曲「情熱大陸」を、一人で複数の楽器を使って演奏する、というものだ。ただ単に、その動画を面白がるだけでなく、この演奏主を捜し出してインタビューまで行っている。さらに、電車の台車の写真をひたすら集めたサイト「台車近影」を、ニフティの情報サイト「デイリーポータルZ」の担当者が推薦していたり、一貫して「マニアック」なつくりにこだわっている。また、NHKらしく、著作権問題についての解説も忘れていない。

   そんな番組が、08年度からレギュラー化されることになったのだ。NHKによると「ネットに注目した番組が珍しく『良かった』と言っていただけた」とのことで、原則、毎月第1土曜日の放送で、年間10回の放送を予定している。初回放送は4月5日の午前0時(4月4日深夜)からで、「初音ミク」を特集するのだという。

   発表された内容によると、初音ミクによってもたらされた「プロをしのぐ自作曲」の数々や、その商用利用にともなう権利問題などについて紹介。往年のボーカロイド「MEIKO」「KAITO」も登場するという。

   司会者は、パイロット版に引き続き、「毎日5時間はネットを見ないと気がすまない」というグラビアアイドルの喜屋武(きゃん)ちあきさんと、「(パソコン通信を含むと)ネット歴20年」という落語家・立川談笑さんが担当する。

   NHKによると、初回収録は3月17日に予定されているとのことで、

「まだ収録もしていないことですし。今後のラインナップなど、詳細はすぐにはわかりません」

と話している。それだけに、今後何が飛び出すか、期待が高まる面もありそうだ。

   ネット上ではレギュラー化を歓迎する声が多いが、

「トレンドをNHKの視聴者やディレクターに分かりやすく伝えるという点で、IT戦士が出演するかどうかが、この番組の正否の分かれ目」

といった声も上がっている。今のところ、同番組への「IT戦士」の出演は発表されていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中