「罰ゲーム」上原さくら まぶたの上の「目」が取れない

印刷

   女優の上原さくらさんがブログで、まぶたの上にマジックで目を描いた、ひどい写真を公開している。2008年3月17日未明ごろの更新だ。

   友人たちと「カフェでくだらない遊びをしていた」ときのものだという。「罰ゲームで、こんな顔に……(笑)」と面白がっている様子で、「落書きはそのままに、サングラスをして人にすれ違う時は目を見開いて歩いたよ」

   だが、同日昼過ぎに更新した別の記事によると、その事態が一変した模様だ。このマジックの跡が「意外と落ちないの!」と嘆いている。

「ゴシゴシ洗っても、何度すすいでも、うっすら
『お目め』
が見えるんだも~ん(泣)」

   しかも、この日の夕方に「歯医者」の予定があるそうだ。友人からの紹介で、そこの先生は「ちょっといい男」なんだとか。そのような噂も仕入れているだけに、

「『この人、頭おかしい?』
とは、思われたくないなぁ…」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中