TBS青木アナ「1年間に300回」発言否定せず

印刷

   「1年間に300回」発言で話題になっていた青木裕子アナが2008年3月23日放送のTBS系「サンデージャポン」で、その話題について言及、真相についてはぐらかした。

   番組では、問題の発言が広まるきっかけとなった TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の記者会見の様子がVTRで流された。「青木さんが(恋人と)1年間300回やることは本当ですか?」とタレントのヘリョンさんが無茶振り。すると、青木アナは、頭をがっくりと下げてうつむき苦笑、顎をかきかき、はにかんでいる様子だった。

   すかさず、爆笑問題田中が「そういうのって、ホント嘘ばっか書くんですよねって否定するもんじゃないの? 一回もそういうの聞いてないし」

   「それぐらい、仲がいいってことです!」と青木アナ。両腕を振った大げさなリアクションで対抗した。そして、その勢いのままに力技で、次のコーナーへともっていってしまったのだ。

   結局、ことの真相について否定はしなかった。あきれて必要以上に答えないのか、あるいは、否定しないことが肯定なのか? 真実はわからないけれど、「1年間に300回」は本当のことだと思っていいみたい。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中