一人息子殺された父 「涙なしには聞けない」発言

印刷

   一人息子を線路に突き落とされ、殺された父親(70)のテレビのインタビューが見た人の涙を誘っている。父親は、はらわたが煮えくり返るような思いだとしながら、「社会復帰したら、世の中のためになる青年になって欲しいと思います」と話した。昨今は「犯人は死刑にしてほしい」といった被害者が多い中で、「なかなか言えることではない」と話題になっている。

「世の中のためになるような青年になってほしいと思います」

   事件はJR岡山駅で2008年3月25日深夜に起こった。岡山県職員の假谷国明さん(38)が帰宅途中に、高校を卒業したばかりの18歳の少年に線路に突き落とされ、列車に轢かれて死亡した。

   少年は大阪府に住んでいたが、無差別殺人を目的に岡山に来たのだという。そして、たまたま、ホームの列の先頭に立っていた假谷さんを見つけ、無言で近づき、両手で背中をひと突きした。警察の調べで少年は、

「人を殺せば刑務所にいける。誰でもよかった。ホームで一番前の人を突き落とした」

と供述しているという。

   假谷さんの重体の知らせを聞き、奥さんと2人の娘、そして父親の要さんが病院に駆けつけた。それが事故から1時間後の午前0時。假谷さんはその4時間後に死亡した。要さんがインタビューに応じたのが、假谷さんが死亡し司法解剖をしている最中だった。

   そんな状況なのに、要さんは、

「少年には罪を償っていただいて、できれば、社会復帰なさったら、世の中のためになるような青年になってほしいと思います」

そして、

「本当を言うと、はらわたが煮えくり返るような気持ちですけど、息子は死んでしまったのですから…」

と語った。

「立派でしたよ。なかなか言えませんよ」

   自分の子供や親族を殺された場合、最近は犯人に極刑を望む声がほとんどだ。

   インタビューが放送されたのが08年3月27日のフジテレビ系「とくダネ!」。司会の小倉智昭さんは、眼を真っ赤にし、

「お父様はね、はらわたが煮えくり返るぐらいの思いだけど、少年だから、これから世の中のために更生してほしい…立派でしたよ。なかなか言えませんよ」

とウルウル。

   假谷さんはマイホームを建てるために最近、土地を購入したという。要さんが病院に来る前、最後に假谷さんに会ったのが、その土地に案内された時なのだそうだ。要さんは、土浦でも無差別殺人が起こっているとして、「とくダネ!」のスタッフにこうも伝えた。

「土浦と、岡山だけで無差別的な事件は終わらせてほしい。マスコミのあなた方も是非、伝えてほしい」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中