京セラ製au携帯電話 電池に破裂・発煙の恐れ

印刷

   KDDI京セラは2008年3月28日、au携帯電話「W42K」(京セラ製)の一部の電池パックが発煙したり破裂したりする事故が13件あったと発表した。「W42K」は3月26日現在で約21万台稼動している。
   電池パックにキズやヘコミがつく程度の力が加わると、損傷した絶縁シートが充電・放電の繰返しで機能低下し、ショートが発生することが原因。KDDIは、対象機種の利用者に書面で告知し、交換用の電池パックを送付する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中