高校野球の「魔法のキス」 「ほっしゃん。」もブログで称賛

印刷

   高校野球のマウンドで、選手による思わぬ「おまじない」が、ちょっとした話題になっている。捕手が投手を落ち着けるために「キス」をする、というもので、「ニコニコ動画」のニュースでも大量のコメントが付いているほか、お笑い芸人もブログで「名シーン」と称賛している。

   この「おまじない」が行われたのは、2008年3月30日に行われた選抜高校野球の3回戦。智弁和歌山(和歌山)と宇治山田商(三重)の対戦で、宇治山田商が8回裏の攻撃を行っているところだった。2死三塁という状況で、智弁和歌山からすればピンチを迎えていた。

   そこで智弁和歌山の森本捕手が林投手に駆け寄って、左のほおにキスをしたのだ。林投手ははずかしそうにほおを腕でぬぐったが、この効果があったのか、三振でピンチをしのぎ、試合自体も2対1で競り勝った。

   朝日新聞によると、このキスは、緊張しがちな林投手をリラックスさせるための「おまじない」なのだといい、07年秋の近畿大会準々決勝でも、この「おまじない」の効果があったのだという。

   朝日新聞のニュースサイトは、この話題を「魔法のキス、ピンチ救う」というキャッチーな見出しで報じ、ネット上でも注目を集めることになった。

「ニコニコ動画」で、1万5000回以上再生

   例えば、お笑い芸人の「ほっしゃん。」さんは、「『タッチ』にも無かった名シーン」というタイトルを付けてブログを更新。

「な、なんと ほっぺにキスをした!」

と驚きを表現したあとで、

「キャッチャーの事を『女房役』って言うけれども」

と、森本捕手と林投手の信頼関係を称賛している様子だった。

   また、「ニコニコ動画」で、合成音声でニュースを読み上げる「ニワニュース」でも、この話題を紹介。すでに1万5000回以上再生されており、コメントも700以上寄せられている。特にその中でも、「すげぇww」「ちょwww」といった、言葉にはなりにくい驚きの感情を表すコメントが目立っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中