プリンタの使用済みインクカートリッジを郵便局で回収

印刷

   日本郵政グループとプリンターメーカー6社は2008年4月8日、使用済みインクカートリッジを共同で回収する「インクカートリッジ里帰りプログラム」を始めた、と発表した。全国の主要郵便局3638曲に専用の回収箱を設置し、参加6社の製品であれば、メーカーを問わず回収できるようにする。プロジェクトに参加している6社は、ブラザー工業、キヤノン、デル、セイコーエプソン、日本ヒューレット・パッカード、レックスマーク。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中