松尾スズキ、 8万3000円の賃貸入居の審査に難儀すること

印刷

   人気演出家の松尾スズキさんは2008年4月15日更新のブログで、引越しを考えていると書いている。高額収入を得ていても「浮き草稼業」だと、8万3000円の賃貸部屋でさえ入居審査のパスが難儀だった。

「今住んでいる家は一人には広すぎるので1LDKでいい感じの部屋を探しておるのです。 昨日見つけてぶらりと見させてもらった物件はなかなかなもので、だってね、風呂が丸いの!わあ、ここに住みたい!風呂がね、丸いの!」

と、丸い風呂がいたく気に入り、興奮している様子だ。

「でも、審査が厳しいらしいのよ」

と、一気にトーンダウン。

「俺は浮き草稼業だからなあ。助手の黒沢には『アカデミー賞のトロフィーを握りしめていけば大丈夫ですよ』と言われているわけだが、今仕事場に使っている8万3000円のマンションだって、借りるのにそーとー苦労したのだ。
連載してる雑誌全部持ってこさせられて」

   怒りはさらに続く。

「8万3000円だよ! 学生だって普通に借りてるよ、こんなもん。
なんなんだろうか、この差別されてる感じ」

   フリーター、無職の人、説明しにくい職業の人は、この入居審査どうパスするか?

   賃貸物件検索サイト「お部屋探し達人」によると、入居審査の対象となるのは「年収(支払能力)」「職業(勤務先)」「保証人(続柄)」「人柄」だ。

「いくら年収が高くても、職業でNGになることもある。何をやっているかわからない(不動産会社、貸主が理解できない)会社でかつ、異様に年収が高い人。要するに『あやしい』と思われてしまうわけだ」(お部屋探し達人)

   また断られてしまった場合には、「『この人なら大丈夫』と不動産会社が考えれば、大家さんに審査をパスできるように口ぞえしてくれる。フリーター、無職の人あたりはここに全てをかけるしかない」(同)と、アドバイスが書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中