関テレが民放連に復帰 北京五輪放送可能に

印刷

   日本民間放送連盟は2008年4月17日、情報番組「発掘!あるある大事典II」の捏造問題で除名した関西テレビについて、同日付で再入会を認めることを決めたと発表した。民放連の緊急理事会が、関西テレビから再入会の申し入れを受けて同日、決定した。

   再入会は、役員・委員会委員を選任できない、民放連主催行事への参加が認められないなど、会員活動を当分の間停止する条件付きだが、結果的にフジテレビ系列が放送する北京五輪の番組を、近畿地区では関西テレビで見ることが可能になった。民放連会員活動停止の解除は、08年9月に改めて検討される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中