オリコン裁判、ジャーナリスト烏賀陽さん敗訴

印刷
判決後にコメントする烏賀陽さん
判決後にコメントする烏賀陽さん

   ジャーナリストの烏賀陽うがや弘道さん(45)が雑誌「サイゾー」に寄せたコメントで名誉を傷つけられたとして、ランキング会社「オリコン」が5000万円の損害賠償を求めていた裁判の判決が2008年4月22日、東京地裁(綿引穣裁判長)であった。判決ではオリコン側の主張をほぼ全面的に認め、烏賀陽さんに100万円の支払いを命じた。一方、オリコンの提訴が「表現の自由に対する萎縮的効果を目的とするもの」として烏賀陽さんはオリコンに対して1100万円の損害賠償などを求めて反訴していたが、判決では「取材対象者のみを被告として訴えても不当提訴ではない」などとして烏賀陽さんの訴えを退けた。

   釜井英法・弁護団長は

「偏見すら感じる不誠実な判決」

と憤る一方、烏賀陽さんは

「『恫喝訴訟』をした方が得だ、ということになってしまう。これでは、『取材をしてコメントを掲載する』という、報道にとって基本的なことができなくなってしまう」

などと訴えた。烏賀陽さん側は控訴する方針。

   一方のオリコン側は「公正なる司法の場で、このような判断が示されたことを、きわめて妥当なことと考えております」とのコメントを発表した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中