ルー大柴「シェルになりたい」 妄想に駆られるモーメント

印刷

   タレントのルー大柴さんは2008年4月26日に更新したブログで、「妄想に駆られるモーメント(瞬間)」について書いている。

「私はボーンアゲイン(生まれ変わる)したらシェル(貝)になりたいです。」

   きっかけとなったのは、15年前に家族旅行をした石垣島でのことだった。

「波打ち際にカラー鮮やかなシェルや珊瑚がメニーあり、気に入ったシェルをいくつかピックアップし、お土産にしました。」

   その中でも美しい「ピンクのスモールシェル」を眺めて、

「生まれ変わったら今度は人間でなくシェルもいいなと、シンクしていました。」

   さらに妄想は続く。

「ピンクのシェルとしてワールドのシーを放浪・・・ビーチに打ち上げられ、見知らぬ人にピックアップされてネックレスに加工され、それをプリティーなブラジル人のダンサーにバイされ、リオのカーニバルで付けてもらいトゥギャザーで踊るのです。」
「ドリームがありませんか?ドンチューシンクソー?」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中