東原亜希 五輪だめでも「私たち本当幸せモノ」

印刷

   2008年4月29日に行われた柔道全日本選手権で敗退の末、引退を表明した井上康生選手。妻であるタレントの東原亜希さんがひさしぶりにブログを更新した。

   結婚後、井上選手が北京五輪へ向けて厳しい道程を歩んでいたこともあってか、「どうしたらいいのかわからない迷いがあって」と言い残してブログを更新していなかった。久しぶりのブログでは「私たちは本当幸せモノ」「結婚してヨカッタ」と幸せぶりをアピールする内容になっていた。

   08年4月30日のブログでは、

「昨日と今日で『私たちは本当幸せモノだね~』って何度言ったか分かりません。負けてしまって、代表に選ばれることもなかったわけですが んー。なんでしょう・・・ この満足感、達成感、清々しさ」

   と綴られている。全日本選手権敗退後、予想に反して清々しい表情を浮かべていた井上選手同様、東原さんもその気持ちを共有していたようだ。さらに、「結婚してヨカッターって。今はただそれだけです」と幸せぶり全開だ。

   井上選手と東原さんの今後については、「詳しい話はしていない」。

「5月から私も何しよう?みたいな フワフワした感じですが笑」
「少しゆっくり お世話になった人へお礼しに行ったり 今までできなかったことに時間を使ったり かたくなに拒否られ続けてる ディズニーランドに連れてってもらったり(奇跡に近い)」

当面はのんびりと過ごす予定のようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中