東原亜希「顔面マヒ報道」否定 「そんな重症じゃありませぬ」

印刷

   柔道の井上康生選手の妻でタレントの東原亜希さんが「顔面マヒになったのでは?」と一部で報じられたが、東原さんは2008年5月2日午後に更新したブログで、「そんな重症ではない」と「顔面マヒ報道」を否定した。

   東原さんはブログで、

「顔面麻痺なんてニュースになってるようですが、 私、そんな重症じゃありませぬ…」

   と釈明。騒動の発端となった同日午前中のブログが「説明不足」だったとした。

   ただ、顔面の機能に問題が生じていること自体は否定していない。病名については、

「私が小学生から行ってる病院は先生が日本人じゃなくて 私が25歳になった今でもカタコトの日本語なので 正式な病名はわかりません…」

   と曖昧だった。「顔面マヒ報道」後、東原さんの事務所には多くの問い合わせが寄せられるなど、騒動になっていたようで、

「ただ私は元気です」 「ご心配、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした… なんか…恥ずかしいデス……」

   と結んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中