笑い取り戻した小室哲哉 「妻KCOに救われた」

印刷

   音楽プロデューサーの小室哲哉さんが2008年5月3日に放映されたテレビ朝日系「オーラの泉」に出演した。プライベートについてはあまり触れない小室さんだが、この日は自身の「栄光と孤独の日々」や妻KCOさんとの関係などについて率直に語った。

この世からなくなると困るものは、奥さん」

   1990年代後半の最盛期には年間で90曲のペースで新曲を生み出した。作曲に没頭し、プライベートもなく、2度の離婚を経験した。

「何回もダメかな・・・って思った」
「記憶から抹消したい事が多い」
「とにかく訳が分からなかった。ずっと・・・」

ネガティブな言葉を連発しながら、当時を振り返る。

   「笑っていなかった」という昔のライブ映像に映し出された小室さんは、どれも表情が暗い。しかし、番組では時折笑いを交えて話した。

   鬱に近い状態から小室さんを救ったのは、自身がプロデュースする音楽ユニット「globe」のボーカルで、妻のKCOさんだ。

「この世からなくなると困るものは、奥さん」

それほど支えられている。

「(奥さんの前で)僕は子供ですね。完全に。
14も年上なんですけどね」

原点に返り、新たな音楽の創作に取りかかる

   インターネットの普及で、音楽ビジネスのスピードが早くなっている。そのテンポに合わせようとして「急いでいた」と語る。

   少々急ぎすぎたという感じもあり、再び原点に返ろうとしている。
原点とは、日本で初めてクラッシック音楽に電子楽器「シンセサイザー」を導入した冨田勳さんだ。以来、シンセサイザーの魅力に取り憑かれ、小室さんのヒット曲に欠かせない要素になった。

   新たな音楽の方向性を模索中で、

「設計図的なものは頭に浮かんでいる」

   クラッシックとシンセサイザー、さらにロックを融合させた未知の音楽を、近々聴けるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中