若者たちが環境問題発信 イベント「ECO PARTY」

印刷
環境対策について話し合う、ソニン(左)さんと野中ともよさん
環境対策について話し合う、ソニン(左)さんと野中ともよさん

   若者の力で環境対策を発信しようというイベント「ECO PARTY(エコパーティー)2008」が、2008年5月6日、東京の赤坂サカスで開催された。

   6日の会場では、物の再利用の大切さを訴えるフリーマーケットや環境トークショー、コンサートがあり、フリーマーケットには、交代で延べ100組が出品に参加した。モデルが提供したサンダルなども並んでいた。歌手JAMOSAさんらが参加したコンサートでは、音楽に合わせ「ゴミを捨てない」と呼びかけていた。

   イベントは、ギャル社長として知られるシホ有限会社G―Revoの藤田志穂社長(22)らが開催を呼びかけたものだ。

   トークショーには、歌手のソニンさんや、三洋電機会長も務めたNPO法人「ガイア・イニシアティブ」の野中ともよ代表、藤田社長らが参加した。

   大きな袋を持ち歩き、エコバッグ代わりにしているというソニンさんは「ネットで検索すれば、自分にできそうな環境対策が簡単に見つかりますよ」と話した。また、野中さんは「大好きなものを大切にするという延長で気軽に取り組んでほしい」と訴えた。

   友人4人で会場に来た都内の関東第一高2年の女子生徒(16)は「楽しく環境問題を考えるのっていいと思う」と話していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中