ブログコメント削除に激怒 「電撃ネットワーク」ギュウゾウ

印刷

   人体実験パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバー、ギュウゾウさんは自分のブログに書き込まれたコメントが勝手に削除されたと、怒りをあらわにしている。2008年5月29日に書いている。

「アメブロってコメント欄を勝手に削除してないか?」

   ことの発端は、5月28日のブログに書き込まれたコメントだ。

「かなり低レベルな書き込みを何度も書いては消しまた書くという人がいて、ずいぶん暇な人がいるんだなぁと思っていたんだが、まあ批判は批判でそれも意見だし(何度も書いてくれてた人のは酷いものだったが)まあ、そのままにしておこうと思っていたら……」

知らないうちに消されていたという。

   すると、別の人から

「何度書いても消えちゃうんですよね」

というメッセージが届いた。

「そのメッセに削除されたのはどんな内容だったのかも一緒に書かれていたので読んでみたら、ワタシの感覚では何の問題もないものだった。普通の応援コメントだった。
どうやら、アメブロの判断でコメントは削除されているようだ」

   以前からも、コメント欄について疑問を抱いていたようだ。

「ワタシは万民が賛同すような日記は書いていないんだ。
なんかね、応援というか、気分が良いコメントしかつかないと思ってたんだよ。
ワタシの日記なんて突っ込みどころ満載なんだ。
だいたい靖国問題とか書いてて反対の意見が無いほうがおかしいんだ。
ほとんど読まれてないんだな…と思っていたのだが、批判は全部消されていたということだ」
「真剣な討論の中で人は育つ。
それは書き手側も同様だ。
これが出来ないのはほんとに残念だ」

   コメントが削除されたという5月28日のブログは、「電撃ネットワーク」の南部虎弾さんのブログが炎上していることについて書いたものだった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中