転身インリン カメラマンデビュー

印刷

   プロレス引退を発表したインリン・オブ・ジョイトイさんが、2008年5月30日のブログで、カメラマンとしてデビューすることを明かした。

   沖縄で写真撮影をしているというインリンさん。被写体としてではなく、カメラマンとして新人モデルの写真集を撮っているとのことだ。

   「前から撮る側にもすごく興味があった」。今回、初めての写真撮影で、撮られる側より撮る側の方が大変だということがわかったという。

「イメージしたり、光をみたり、モデルのいかにいい表情を引き出すか悩んだり…」

あまりの仕事量の多さ。しかし、カメラマンの苦労はそれだけではなかった。

「カメラの画面を一日中ずっと見てるので、カメラ酔い?してしまって、マジきつかった…!」

   その苦労あってか、「影の中の怪しいエロス+ちょいクラシック萌え系のアーティスティック風」に表現できた。自身も「写真集出来るのすごく楽しみ!」とのことだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中