山本モナ上智大で講義 恋愛相談も?

印刷

   フリーアナウンサーでタレントの山本モナさんが2008年5月31日のブログで、上智大学で講義をしてきたと明かしている。

「きのう、おもいっきりテレビの生放送のあと、臨時講師として、上智大学で講義をしてきました」

   きっかけは、知り合いの教授の一言。「なんでもいいから授業でしゃべってくれないー?」と声を掛けられたという。モナさんは「あ、いいですよー」と安請け合いしてしまったものの、「実際、日がせまってくると、一体なにを話せばいいのやら(´・ω・`)」

「色々考えたあげく、最近ラジオでも話題に上ったメディア・リテラシーについて、私の思うこと、そしてアナウンサー、報道記者、そしてタレントとしてこの10年間感じてきたことをお話してきました」

   講義の後半に行われた質問コーナーも白熱したようだ。講義の質問に加え、さらには恋愛相談までも受けてきたんだとか。学生たちの就職、恋愛、自分のことといった悩みにふれたモナさん。ブログからもこんなエールを送っている。

「気持ちがおっこちちゃって、うわーはいあがれねーなんてこともあるし。
でも絶対解決できるからさ。
がんばろうね!」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中