サラリーマンの小遣い、理想は7万1600円

印刷

   住宅ローンやクレジットカード事業を展開するGE Moneyが「サラリーマンの小遣い調査」をした結果、月平均小遣いは昨年比2500円のダウンの4万6300円だった。「小遣いが上がった」と答えたのは10.6%。「下がった」と答えた人は12.6%。8割近くが「変化なし」とも答えている。小遣いが減った結果、昼食代も昨年の590円から20円ダウンし570円だった。また理想の小遣い額の平均は、「現実」プラス2.5万円の7万1600円。このアンケート結果は08年の夏季ボーナス支給前に20代~50代のサラリーマン500人にアンケートし、08年6月4日に発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中