キンコン西野 「ブログが炎上」たまらなく面白い

印刷

   お笑いコンビキングコングの西野亮廣さんが2008年6月9日のブログで、自身のブログのスタンスを語っている。

   ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんを中心にしたビジュアル系バンド「jealkb」を「メチャクチャ面白い」と絶賛する西野さん。というのも、お笑い芸人でありながら、ビジュアル系バンドを組み、ライブを行ってしまうという「フザけ方」に心酔しているようなのだ。

「なんだそのフザけ方。ボクはあれが芸人だと思うんだ。もちろん本業のお笑いの方をキチンとやられているからこそできるのだけれど。とにかくああいうフザけ方は大好き」

   西野さんには「バカなことをしでかしたいんだよ。そして少し混乱させてやりたいんだ」という思惑がある。ブログを書き続けることも、そんな気持ちの延長線上にあるようで、こう綴っている。

「『ろくでもない夜』(西野さんが定期的に開催する単独ライブのこと)に来られた方ならばもう十分ご存知だとは思うけれど、ブログが炎上してニュースになるのをボクはたまらなく面白がっているんだ。それをネタに皆からイジられて、お客さんに笑ってもらって、最後にはキチンとお笑いに昇華できているので、ボクの中では全然アリなんだよ」

   とはいうものの、「かと言って、炎上狙い、ニュース狙いのパフォーマンスで書いている文章ではない」とも主張する。すなわち、「本音をそのまま書いているだけ。本音を書けばニュースになるんだ、便利な時代だよ」。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中