人生初の胃カメラ 東原亜希、「モツにしか見えない」

印刷

   タレントの東原亜希さんが2008年6月10日のブログで、「人生初の胃カメラ」を飲んだと告白している。

「なにがキツイってカメラよりも
最初のドロドロした液体と
麻酔を3分間ノドに溜めておくことと
さらにその麻酔をゴックンしなきゃいけないこと」

   「これが1番のオエーです」と実体験を赤裸々に綴る東原さん。体内に異物が入っている感じの違和感があったようだ。そして、映像で見たという自分の体の中にこんなリアクションを。

「カメラの映像が自分でも見れるんだけど
焼肉屋の孫としてはモツにしか見えませんでした・・・・」

   東原さんは「グロイ?」とややおどけてさえいる。きつかったというわりには、けっこう楽しんでいたのかもしれない。ちなみに、看護婦さんにはこう褒められたんだとか。

「初めてとは思えないくらい上手ね~
これなら毎日出来るわよ」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中