「日本社会のストレスが凶行にかりたてる?」 海外メディアも「犯行動機」分析

印刷

   東京・秋葉原の歩行者天国で7人が殺害された事件は、海外でも関心が高く、各メディアが大きく報じている。事件直前の様子を容疑者が掲示板に「実況中継」していた様子のほかに、事件の背景として「日本社会のストレス」を指摘する報道も相次いでいる。

秋葉原と犯罪とのつながりに関心よせる

   事件から丸2日が経過し、海外メディアの報道も、事件の概要を報じるだけでなく、犯行の背景について分析するものにシフトしてきている。各紙とも、殺人未遂の現行犯で逮捕された加藤智大容疑者(25)が犯行直前に行っていた「実況中継」の内容を詳報したり、教育環境について触れるなどしている。その中でも、事件が起きた場所が秋葉原という繁華街なだけに、各紙とも様々に「秋葉原」と事件の背景とを分析している。

   例えば、カナダの全国紙「グローブ・アンド・メール」紙は、「容疑者は、かつては嘱望された学生だったが、単純労働者として働いていた」との見出しを立てて詳報。

   同紙では、「加藤容疑者は、非常に異なった人生の境目に居続けてきた。教育での成果を重視する日本という国で、加藤容疑者は名門校を卒業した『エリート』とみなされてきた」

とした上で、大学受験失敗を機に「輝かしい学歴は『失速』した」と、(同紙によると)日本で重視される「教育での成果」においては、成功を収められなかったことを報じている。

   さらに、

「容疑者のアパートに捜索が入ると、加藤容疑者がマンガのファンだという報道がされた。その結果、マンガのサブカルチャーの中心としての秋葉原の負の側面と、秋葉原と路上犯罪とのつながりについてスポットライトが当たることになった」

と、マンガと犯行の関係を示唆してもいる。

「日本社会がもっと物騒になる前兆」

   一方、英BBCは

「何が容疑者を攻撃に駆り立てたかについて言及するのは時期尚早」

としながらも、日本国内には

「社会に適合しなかったり、職に就けなかったり、他人と同じようにふるまわなければ、社会からつまはじきにされる可能性がある」

との指摘があることを紹介。

「日本社会がもっと物騒になる前兆で、日本社会では圧力やストレスが強いあまりに、問題を抱えた人々が凶行にかりたてられているのか」

とし、日本社会のストレスが事件の遠因になっている可能性について言及している。

   もっとも、全ての海外メディアが犯行の原因を日本社会に求めている訳ではない。例えば仏AFP通信は「悲劇が東京のオタクを襲う」との記事を掲載。秋葉原を「日本の『オタク』現象にとってのグラウンド・ゼロ(中心地)」として紹介した上で、秋葉原を歩いていた男子高校生の、こんな声を取り上げている。

「この事件がオタクと結びつけられて、その結果、当局が不必要な規制を作るのではないかと心配しています。そういう意味では、これは単なる殺人事件ではなく、表現の自由に対する脅威です」

   その上で、18歳大学生の

「しばらくは(秋葉原にとって)ネガティブな影響があると思います。でも、時間が経つにつれて、それは消えていくでしょう」

との声を紹介、秋葉原は徐々に平常どおりの姿に戻りつつあると報じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中