つんく告白 「はるな愛」を取りあったことがある

印刷

   「モーニング娘。」の生みの親、音楽プロデューサーのつんくさんが2008年6月10日のブログで、ニューハーフタレントのはるな愛さんとの間に起きた、ある出来事を語っている。

   はるなさんといえば、歌手の松浦亜弥さんのモノマネを、口パク(口を動かして歌っている風にみせる)しながら振りつけでみせるというネタで人気急上昇中だ。タレント業とは別に、「お好み焼き屋」の経営者としても知られる。

   この日、テレビ番組の収録があった。つんくさんと同席した出演者らの中に、はるなさんがいたという。実は、「愛とは結構前から友達」とのこと。

「同性のような異性のようなへんな子ですが、そこらへんの乙女より、内面は超かわいいですよ」

   ブログに掲載された写真は2ショット。はるなさんは、つんくさんに体をぴたりとすり寄せている。服は、胸を強調したもの。一方、つんくさんはというと、スーツのボタンに手をかけてポーズを取っている風なのだけれど、笑顔は心なしか、引きつっているようにみえなくもない。

   二人の間には、過去にこんなことがあったそうだ。

「一時期、ほっしゃん。とふたりで愛を取りあうかのように愛の店に通いましたわぁ」

   「なつかしい」と振り返るつんくさん。ちなみに、ほっしゃん。は、はるなさんを女性と勘違いして、プロポーズしたとのウワサがある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中