大証との経営統合、ようやく決着 ジャスダック

印刷

   大阪証券取引所との経営統合をめぐって揺れていた新興市場のジャスダック証券取引所は2008年6月10日に開いた株主総会で、統合反対派の5人の役員の退任を決議し、その後の取締役会で大証による株式の公開買い付け(TOB)に賛成した。
   ジャスダック株の72%超を保有する日本証券業協会は、反対派の取締役を「取り除く」ことで事態を収拾。証券取引所の再編の一環として、07年9月から検討されていた経営統合問題にようやく決着をつけた。

   ジャスダックは「大証とのシステム統合はコスト面での効果が大きい」と話している。一方、大証は同日、「引き続き魅力ある新興市場づくりをめざして協議していきたい」とのコメントを発表している。早ければ今夏にも、TOBを実施してジャスダックを子会社化する。大証は新興市場「ヘラクレス」をもっているが、ジャスダックは「経営統合と市場の統合は、また別なので、今後詰めていくことになる」という。市場の統合が実現すれば、新興市場は「大証‐ジャスダック」と東証マザーズの2つになる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中