大証との経営統合、ようやく決着 ジャスダック

印刷

   大阪証券取引所との経営統合をめぐって揺れていた新興市場のジャスダック証券取引所は2008年6月10日に開いた株主総会で、統合反対派の5人の役員の退任を決議し、その後の取締役会で大証による株式の公開買い付け(TOB)に賛成した。
   ジャスダック株の72%超を保有する日本証券業協会は、反対派の取締役を「取り除く」ことで事態を収拾。証券取引所の再編の一環として、07年9月から検討されていた経営統合問題にようやく決着をつけた。

   ジャスダックは「大証とのシステム統合はコスト面での効果が大きい」と話している。一方、大証は同日、「引き続き魅力ある新興市場づくりをめざして協議していきたい」とのコメントを発表している。早ければ今夏にも、TOBを実施してジャスダックを子会社化する。大証は新興市場「ヘラクレス」をもっているが、ジャスダックは「経営統合と市場の統合は、また別なので、今後詰めていくことになる」という。市場の統合が実現すれば、新興市場は「大証‐ジャスダック」と東証マザーズの2つになる。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/12/9

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

J-CASTニュースは2016年1月の月間ページビュー(PV)が約1億1千万に達した。

あなたはもしものときに備えて、ちゃんと考えてる?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座

ユーザー登録後24h限定 セール品がさらに安くなる3000円分クーポンつき