品川祐初監督作品 1年半かけてついにクランクイン

印刷

   お笑いコンビ品川庄司の品川祐さんが初の映画監督をつとめることになった『ドロップ』が2008年6月15日、ついにクランクインした。ブログにもその意気込みが綴られている。

   クランクイン前日の6月14日のブログによると、角川のプロデューサーに会ったという2007年1月から徐々に、脚本を書くこと、監督をすること、キャストなどが決まっていったという。実に1年半の長い道のりだったことに、感慨深い様子でもある。

   また、映画の撮影にあたり、たくさんのスタッフが携わる。「僕が転ぶワケにはいかない。頑張る。絶対に頑張る。楽しむ。絶対に楽しむ」と、気合いをいれ直したようだった。

   6月15日にはとうとうクランクイン。同日のブログには、「梅雨だっつうのに超快晴。超撮影日和。超順調。みんな最高でした」。

   うれしかったことがある。お弁当に唐揚げが入っていたことや、飲み物やタオルが冷やされていたことだ。だが、中でも一番うれしかったのは「デレクターズチェアーに僕の名前を入れてくれていたこと」。

   掲載された写真によると、黒色の椅子の背もたれに白抜きの文字で「H.SHINAGAWA」と書かれている。この椅子に座り指揮を執るであろう品川さんの映画、どんな作品になるのだろう。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中