アジサイの葉食べて中毒 つくば市の飲食店

印刷

   茨城県保健福祉部は、つくば市内の飲食店で、アジサイの葉を食べた1グループ19人のうち8人が、会食30分後から嘔吐、吐き気、目眩などの食中毒症状が起きた、と2008年6月22日に発表した。この飲食店は「遊食伊太利庵藤右エ門栄」。同店経営者が08年6月13日につくば保健所に連絡してわかった。「鳥肉梅しそ和え」にアジサイ葉が添えられていた。

   アジサイのつぼみ,葉,根には青酸配糖体が含まれていて、咀嚼によって同植物内の分解酵素と反応したり、胃内の消化酵素と反応することで青酸(シアン)を生成。嘔吐,ふらつき歩行、痙攣、昏睡、呼吸麻痺などの中毒症状が出るという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中