浜崎あゆみ襲ったダブル「悲劇」 難聴に加えて「姉」と慕う人物が亡くなっていた

印刷

   歌手の浜崎あゆみさんは、左耳が聞こえないことを告白したのと同時期に姉と慕う人物が亡くなっていたことを、2008年6月28日のファンクラブ専用ブログで明かした。

「姉貴」の死、スタッフの判断で知らされなかった

浜崎あゆみオフィシャルウェブサイト
浜崎あゆみオフィシャルウェブサイト
「まず。
これは迷った。うん、今も迷ってる。
けれど、伝えようと思う」

   4月に始まった全国ツアーは6月28日と29日に東京・代々木の国立代々木競技場でのファイナルを迎える。スッキリとした気持ちで最終日を迎えたいという思いから、浜崎さんを襲った不幸について告白することを決めたという。

   ブログには、撮影やレコーディングのために米ロサンゼルスに長期滞在していた07年秋に、浜崎さんが姉と慕う人物「姉貴」が亡くなったと書かれている。その知らせはスタッフに届いたが、スタッフらは仕事が続行できなくなるだろうと判断し、浜崎さんには知らせなかった。

「私は何も知らずに、のんきにも、『なんか急にメールが来ないんだよねぇ〜』なんて言っていた。
事実を伏せていた彼らは相当辛かっただろうと思う」

   帰国して訃報を聞き、その時の自身の様子をこう書いている。

「私は、ひとりで家を飛び出した。
タクシーに乗り込んで、姉貴の家へ向かった。
何故だか解らないけれど、携帯の電源を切って」

何時間も、黙ったまま、ただしゃがみ込んでいた

「そして、灰になった姉貴に会った。
私は何時間も、黙ったまま、ただそこにしゃがみ込んでいた。
現実なのだと受けとめるまでには、かなりの時間がかかった」

   しかし、すぐに慌ただしい年末がやってきて、虚無感に襲われたまま、いくつもの大きなイベントをこなしていった。そこで、更なる壁にぶつかることとなる。07年12月30日と31日に行ったカウントダウンライブで、浜崎さんは左耳が聞こえないことに気がついたという。いつだって「何とかなるぜ!!!」と思い、ひたすら走り続けて来たが、

「ものすごく大きな、これまでに感じた事のない程の不安に心を支配されていた」
「自分がボーカリストとしても、また、チームを引っ張っていくべき立場にある人間としても、その役割を全く果たせていないと感じていた」

「姉貴、しっかり見守っててくれよ!!!!!」

   その時ばかりはふさぎ込んだ。さらに、1曲、また1曲と歌っていくたびに耳の状態は悪化し続け、気持ちは焦るばかりだ。

「思うように歌えない、聞こえない。。。」

   ぶつけようのない、怒りや悲しみ、悔しさで、泣いてばかりのライブになってしまったと振り返る。

「自分はもう二度と、これまでのようには歌えないんじゃないか。
あれが、最後のステージになってしまうんだろうか」

   悩み、考え続けたが、出した答えは

「歌い続ける」

というものだった。自ら出した結論だが、精神的にも肉体的にも毎日が戦いとなり、今回の全国ツアーを迎えるにあたっても堂々とした姿でステージに立とうと、リハーサルも入念にした。浜崎さんの強い思いはファンに通じ、浜崎さんもこれまで以上にファンの気持ちを実感できて、ツアー中は感激しっぱなしだった。

   そして迎えるファイナルを前に、

「姉貴、しっかり見守っててくれよ!!!!!」

と締めくくっている。

   浜崎さんは08年1月4日のブログで、「左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」と告白していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中