辻ちゃん絶句 ブヨブヨ「マンボウ」料理

印刷

   タレントの杉浦太陽さんが2008年6月30日のブログで、奥さんで元「モーニング娘。」の辻希美さんと「マンボウ」を食べたと紹介している。

   仕事でイカ釣りにいってきたという杉浦さん。アオリイカやマルイカ、カサゴなどが釣れたという。また、お土産屋では「マンボウ」を購入して家に持ち帰り、調理したそうだ。

   マンボウは白身で淡白な味。ただ、図体がでかく、尾が退化して奇怪な姿にも見えるため、大都市ではあまり魚屋には並ばない。

   調理を担当したのは辻さんだ。「希美もポンポン料理していって!!!」と杉浦さんがいうように、「イカの刺身」「イカと大根の煮物」「イカリング」といった複数の料理が並んだ。

   「マンボウ」は刺身で食べた。「ブヨンブヨンで…でっかいホタテみたいでした!!味わいも水気の多いホタテと淡泊な白身を合わせた感じ」というのが杉浦さんの感想だ。「美味しかったよ~」。そして、刺身には飽きたのだろうか、「マンボウのバターソテー」にも挑戦してみたという。だが、こちらはいけなかった。

「マンボウの水分でバターの風味が薄くなって、
歯ごたえもブヨブヨ~!!
…これには
俺も希美も絶句…」

   「いい経験になりました」と振り返る杉浦さんであった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中