アフレコ初挑戦の上地 外国人吹き替えに苦労

印刷

   おバカユニット「羞恥心」のメンバーで俳優の上地雄輔さんは、2008年8月公開の洋画『ハムナプトラ3』のアフレコに初挑戦するなどマルチに活躍中だ。ただ、2008年7月6日のブログによると、外国人の吹き替えには難儀しているようだ。

   「やっぱ外国人のアフレコなかなか難いわ~」とうめく上地さん。しかも、「あっちの人達は表現がデカいから何がリアルかよぅ分からんくなる」んだとか。特に、口が動いている時間や、表情がすでに決まってしまっている時がいけない。「テンションとリズムとテンポと間が感じにくいからごまかしきれないし」。普段はあっけらかんとしている上地さんにしては珍しく、しょげているみたいだ。

   とはいうものの、監督にはおだてられ、乗せられたりしながら、「一応自分なりに、外国の方と日本人の間のリアルを目指してなんとか命を吹き込んでまいりやした」。もっとも、アフレコは今までにない難しさが楽しいのだと、あくまで前向きだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中