貸金業者の広告、8割が不適切表現 金融庁調べ

印刷

   「昔のこと、気にしません」「お電話一本でスピード融資」・・・お金の借り入れが容易であることを過度に強調するなど借りたい人の意欲をそそるような誇大表示をしていた貸金業者が、8割に上ることがわかった。

   金融庁が、2008年4月20日発行のスポーツ紙11紙や夕刊紙7紙に広告を掲載していた187の貸金業者について、貸金業法(貸付条件での違反や誇大広告)にそった内容になっているか、を調べた。

   広告を掲載した業者のうち、無登録業者が1。不適切な広告を掲載した業者は148に上った。1社に警告、133社に是正措置を行った。15社については出資法違反(高金利)などで登録を取り消した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中