にしおか 「あ゛ー」の叫びすぎで深夜救急病院に

印刷

   お笑い芸人のにしおかすみこさんが、2008年7月12日のブログで、喉にできた「おでき」で大変な目にあったことを告白している。

   「おでき」の原因は、普段「あ゛ー」と叫びすぎたからだそうだ。声が出なくなってしまい、深夜に救急病院に行くことになった。

   医者に、「とりあえず、鼻からカメラ入れますね」と言われ、「先端にカメラがついた管のようなもの」を入れた。

   事前に、「ツーンとしますよ」と言われていたものの、

「そんな、かわいいもんじゃない!ツーン?ちがう!カキーン?いや!パーン!バッカーン! ちがう。ぴったりの音がない。痛い」

医者からは「そのまま、しばらく楽にしてて下さい」と言われて戸惑った様子を、「鼻から白い管ぶら下げて楽に?」と書いている。「パッと見、鼻から極太めん出してる人みたいだ」

   ただ、医者にはその後「良くなるまでは、あんまりしゃべったらダメですよ」と、ドクターストップをかけられてしまった。一応納得はしたものの、欲求不満だ。

「でも、鼻からカメラ入れたこと。誰かにしゃべりたい。ムズムズする。よし。ブログに書こう」

そこはやっぱり芸人なのであった。

   最後に

「元気なんですが、なかなか声がもどらず。
みなさんにご迷惑おかけしています」

と詫びている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中