広がるナチュラルコスメ お肌の「環境問題」に関心高まる

印刷

   2008年7月の洞爺湖サミットで地球規模の環境問題が議論されるなど、今まさに環境ブームだ。そんな中、お肌の「環境問題」にも意識が高まり、ナチュラルコスメへの関心が集まっている。

   07年9月にオープンした東急ハンズ銀座店(東京都中央区)のナチュラルコスメ売り場が好調だ。それは化学物質を極力使わず、植物性由来の成分を用いた化粧品の総称で、有機農法で作られた植物を使用した「オーガニックコスメ」も含まれる。以前は、肌が敏感だったり、化学物質を嫌う一部の女性の間でしか知られていなかったが、ここ数年のロハス人気にも後押しされて、今では化粧品のカテゴリーの1つとして確立している。そのほとんどが環境先進国のドイツや、フランスといったヨーロッパから輸入されていて、日本では主に量販店やドラッグストアで扱っている。

   同店は銀座という土地柄、お客の大半が女性だ。そのためハンズ他店よりも品揃えが豊富で、ヨーロッパの17ブランドを扱っている。中でも人気なのは、ドイツの「Dr.ハウシュカ」、スイスの「ヴェレダ」、そして日本初上陸したフランスの「クルールキャラメル」だ。開店当初から30歳以上の女性を中心に安定して売れていて、化粧品売り上げの4分の1を占めている。ナチュラルコスメが一部の層だけでなく、広く受け入れられるようになったと言えそうだ。

化粧品にも「安心・安全」求める声

ロハス人気もあり、コスメもナチュラル志向に
ロハス人気もあり、コスメもナチュラル志向に

   その理由について売り場の主任を務める内山雅章氏は、こんな見方をしている。

「中国ギョーザ事件や賞味期限切れ問題が相次ぎ、本来もっとも安全でなければならない食品でさえ、もはや安全とは言い切れなくなっている。肌に直接つける化粧品に対しても、安心・安全を求めるように変わってきた」

   確かに、化粧品にも安全性を求める声は年々増えている。ファッション誌でもナチュラルコスメの特集が組まれたり、「食べられる」コスメといった切り口でも取り上げられている。中でも口紅は、ほとんどの女性が食事などでいつの間にか取れてしまったという経験をしていて、体に与える影響が気になるところだ。業界関係者によると、女性は一生のうちに自分の体重分ほどの口紅を体内に入れているといったデータもあるそうだ。また、肌への浸透率が高いと言われて数年前にブームとなった、成分をナノ化した化粧品についても、安全性を疑問視する声が上がっている。07年10月に設立された日本オーガニックコスメ協会の担当者は、

「およそ60年前から、石油由来の保湿成分、界面活性剤、保存料が多用されている。乾燥、くすみ、シミといったトラブルを引き起こすほか、肌バリアが壊れて敏感肌になることもある」

と警笛をならす。日常的に使用している化粧品は「スキンフーズ(肌への食べ物)」とも言われ、気を使う女性が増えているようだ。

「菜の花」を使った自然派コスメ登場

   ところで、日本で売られているナチュラルコスメのほとんどがヨーロッパからの輸入品だ。そんな中、肌にやさしい上に、資源を有効活用して環境にもやさしいと注目を集めているのが、千葉県の県花「菜の花」を使ったコスメ「venapus(ビナパス)」だ。化粧品メーカー、モラール(千葉県船橋市)が08年春から発売している。同社社長の光安輝雄氏によると、開花する前の食用「なばな」を収穫している生産者の手がツルツルしているとの情報を聞き、興味を持った。なんでも既に海外では「アクロマキシル」として、シミやくすみに対する美白活性があると知られているという。また、生産者も「なばな」を有効活用しようと考えていて、両者の思いが一致。関東経済産業局の「07年度地域資源活用新事業展開支援の補助対象事業」として採択され、モラール、菜の花生産者、原料メーカー、千葉県産業振興センターが1体になってプロジェクトが立ち上がった。現在は洗顔フォーム、ローション、クリームのミニセットのみの販売だが、単品は8月末から9月に販売を予定している。海外ブランドが主流の中、国産メーカーの追い上げは始まったばかりだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中