「くわばたりえ」が教えるダイエットのコツ

印刷

   「コアリズム」を取り入れたダイエットに励んでいるお笑いコンビ、クワバタオハラのくわばたりえさんが2008年7月15日のブログで、ついつい手が伸びてしまう「夜食」についてアドバイスしている。

   「コアリズム」とは、ラテンダンスをベースにした、腰を振るエクササイズ。45日間継続した くわばたさんのウエストは、すでにマイナス20cmをクリアしたという。また、食事制限するというわけではないので、3食食べても大丈夫だ。

   くわばたさんはここのところ、「(ダイエットに)弱音をはいてる人が多くなってきた」と心配する。例えば、「夜中 お腹減って我慢できなくて食べちゃいました」という声をきくそうだ。

   そんな時は、「とりあえず10日間は お腹空いても我慢するっ」と決めてはどうか、と提案。短期間の目標を達成することで自分に自信がつくし、ついには夜食なんて気にならなくなるはずだというのだ。

   また、食べてしまった自分を責めるより、我慢できた自分を誉めてあげよう、とも呼びかけている。「とにかく 自分自身を誉める癖をつけたら毎日 楽しくなるんやろなぁ~」。

   そういうわけで、くわばたさんは「私は可愛い!私は可愛い!私は可愛い!」と自己暗示。ダイエットの話題はそっちのけになってしまったみたいだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中